Press "Enter" to skip to content

花嫁のグループの名前を変えたいのなら

それが家族と協力することができれば

これが女が彼に入れさせたスカートであるかどうか、しかし少なくとも彼はこれが女が彼自身を買ったものであることを確信することができます、しかし女はどのように彼自身をそのように買えますか?時間はありません。男の非常に速いランニングスピードの頭の中では、このような問題のすべて、そして私がやっているスカートの外観です。バスルームの嫉妬はまだ男が彼女にスカートを送るのを待っていますが、現時点では、彼女は完全に忘れてしまったようです。何がありますか!


「何が問題なのか、まだ見つけていませんか。」

女は男を見て、彼女が服を持ち込むのを手伝ってくれなかった、そして外に何かを聞くようには見えなかった、と彼女は尋ねた。
「それを手に入れて、ドアを開けてください、そして私はあなたにそれを渡します!」
男の顔はまだ少し不快だったが、女の声を聞いた後すぐにトイレのドアのところに行き、手荷物をトイレのドアのところに手渡したところ、ドアが小さなスリットを開くのを待った。それを入手
うん

女は男の声に何の問題もないと聞いていたので、男の声を聞いた後、安心してドアを開け、男が手渡した袋を持ってすぐにドアを閉めた。男は彼がバッグから取り除かれていた手を見て、そして彼はまだバッグの中身について考えました、そして、彼の心の内側でさえ徐々に現れました、それを着た後に見えるかもしれません!このように考えて、男は徐々に彼の体の変化を感じ始めました!男はこっそりと自慢して、彼の心に生まれた考えを押し下げました。

花嫁の顔はまだ微笑んでいます。

しかし、男がバスルームの方向を見つめるのはまだ少し暑いです。彼の妹…女が男に彼女の服を手伝うように依頼したとき、彼女は非常に恥ずかしい思いをしましたが、それ以上の方法を見つけることができなかったようです。彼女がドアを開けて男の手からバッグを取ったとき、女は自分の体にタオルを巻いたので、たとえ何かが起こったとしても、彼女はわずかに覆われることができる何かを持つことができました。バッグを手に入れた後、女は安心しました。女が彼の手の中のバッグを見下ろしたとき、すぐに彼の心の中に置かれていた石がすぐに、以前の石よりもさらに大きいところで吊り下げられたのは、ほんの少しだけでした!

 

花嫁の意向がまだわからない。

これは、彼女が男が彼女の服用を手助けしたバッグではないようです。女はまだスカートのブランドを覚えています、これではありません!このバッグのロゴを見て、女の考えは颯真と一緒に買い物をする前の時間に戻りました、即座に、女の顔は変わりました!これ、これ、男が彼女に手渡したバッグは、颯真が彼女のために購入したものであることがわかりました!帰り道に、女はこのことを忘れていました、私はこのバッグと他のものが混在するとは思っていませんでした!私が期待していなかったのは、男が実際にこれを手に入れたことです!ただ、私は男がその中のものを見たかどうかはわかりませんが、それは見ないでください。
しかし、女氏はまた、彼女のアイデアが本当に贅沢であることにすぐ気付きました。男はどうやってそれを見ることができなかったのでしょうか?彼女が彼女の前で男を思い出させたとき、彼女はそれが薄紫色のスカートを持ったバッグだと言った!彼女は今日薄紫のドレスを買いました、しかし、バッグの中のものも薄紫です!
スカートと言えば、スカートとも言えるのです。

天啦!女は彼の前の鏡に頭をぶつけるのを待つことができない!時間を逆にすることができれば、彼女は男がスカートを取るのを助ける前に彼女に戻って注ぐことを選択することを躊躇しません!男がクローゼットの中に入ったとしても、男にこのバッグの中身を見てほしくないでしょう。いいえ、たとえ彼女が彼女の体にそのようなバスタオルで外出させても、それは現在の状況より良いです!彼女はちょっと気分が悪く、男の声の調子が少しひどすぎるようでしたが、女はトイレがうるさいとはっきり理解できないと思っていたので、男はバッグの中身を見たに違いありません。それはそのような反応でしょう!

駿は発見後

彼女を救うことができる神様、彼女は今何をすべきですか!彼女が本当にバッグの中のものを着てみましょう、それは彼女を粉砕することをお勧めします!男は彼女に別のものを与えてみましょう、彼女はその口を開くことはできません!彼女は言った、それはバッグに何か問題があることを男に言うことは明白ではありません!男がバッグの中に薄い紫色を見ただけで、中に入っているものが見えなかった場合、彼女はただ間違っていると感じました!その場合、彼女は自分自身に質問していませんか?
袋を女に渡した後、男は感情を落ち着かせて隣のソファーに座ったまま、バスルームのドアの方向を直視していたので、彼は何を期待していたのか分からなかった。しかし、男は長い間ソファーに座って、バスルームから音が聞こえなかった、バスルームのドアが開かれていません。浴室の水の音は長い間停止しています、そして女はすでにシャワーを浴びているはずですが、彼女はそれから出てこなかった。

結婚についても男はやや不満です。

それが平穏に置かれるならば、男は女が浴室で何かをしているかどうか心配して、確かに内側の状況の外側に尋ねるでしょう、しかし今、男は質問をすることも、忍耐強くもないようです女が内側から出てくるのを待って、まだソファーに座っていて、どんな焦りを見せても。何に関係なく、女は常にトイレから出てくるでしょう、彼女は一生の間それを滞在することはできません!そう、男がこのように考えたとき、女の心もこの文章を思いついた。いずれにせよ、彼女は長い間それを磨いていたとしても、外出しようとしています、彼女はまだそれを手に入れました!
このように考えてください、女はもはやもつれなくなり、顔を失い、顔を失います!とにかく、男の前で、彼女は彼女の顔を失い、彼女の習慣を失ったようです!深呼吸をした後、女は鏡を見て自分を励まし、それからドアの方へ向きを変えて歩き、バスルームのドアを開けた。ドアを開ける音を聞いた後、男はすぐに浴室のドアを見て、女が内側から出てくるのを見ながら、男もソファーから立ち上がった。女は、男はまだ部屋にいるはずだと推測したが、彼女が出たばかりであることを期待していなかった、男の視線は彼女を直接見た。さらに、現時点での男の目は複雑で暑いので、女は彼の視線の下には見えない感覚を持っています!何してるの。。。。。男は女を見てゆっくり口を開けたのと同時に口を開けたのと同時に首から、男が飲み込んだのは明らかだった。

駿は発見後


それが正常であれば、女は男のパフォーマンスを絶対に発揮してくれるでしょうが、しかし今、彼女は、そのような心があるでしょう!男の視線に直面して、彼女は単に彼を直接見ることをあえてしませんでした!それについて話さないでください、女は今人が隠れるのを待つことができません!男でさえも、誰にも彼女に会わせないでください!残念です。


自分のしていることを知っていますか?彼女は今バスタオルに包まれているので、それは男が彼女に尋ねたものを知っています。しかし、男の反応を見ると、女は基本的に男がバッグの中身を確実に確認できるはずです。
「それは買うのにふさわしい偽物でした、それが混在しているかどうか私は知りません!」

それを考えた後も、女は男に自分自身でドレスを買われたと誤解されたくないと説明しなければならないと、彼女は男に説明しなければならないと感じました。男は、女の言葉には反応しないようでしたが、答えませんでしたが、常に女を見ました。
女は男の答えを聞いたことがありませんでした。男の目を見ると、女の心臓は突然少し混乱していましたが、男はこのようには見ていなかったようです。そのうえ、男は足を上げて徐々に女に入っていきましたが、歩きながら女に向かってうなずいたが、彼は一言も言いませんでしたが、他には何も言いませんでした。しかし、まったく意味がありません!
「それで、あなたは最初に出かけることができます、私は私の服を最初に変えます。」

女はまだバスタオルに包まれているので、彼女は男に注目され、それが彼女を非常に不快にさせ、そしてまた不安にさせています。事は体にバスタオルを変更することです。
「ええと、なぜ私は最初に出かけなければならないのですか?」
男はまだ女を見て女に近づいている、それは彼が本当にこの文の意味が何であるかを知らないようです。