休暇を利用して

カナダの講師は移り変わりが激しく次々と学校が変わっていく人が多いとのことです

比して後者は、Valley赤ワインの生産量が多い。作付けされている葡萄もメルロ、ピノ·グリ、ピノノワールが中心、白ブドウはシャルドネが多い。ランブルスカ混成種は稀だ。生産地としては、Okanagan·SimilkameenValleyが有名で、大西洋岸に沿って広がっている。この、東と西の生産量の差が82というのはとても面白い。生産量は圧倒的に違うが、アメリカ合衆国は真逆の東2の西8なのだ。

フランス語系の学校ですが

合衆国製のワインは80%がロッキーの向こうで作られている。的な特徴は、カナダ、USともドイツ系の移民が多い。ビールとワインは、欧州の東·北から新大陸へ渡ってきた人々が営む産業なのである。生産者の民族実はこれが禁酒法施行の遠因になっている。アメリカ合衆国は、プロテスタントたちが中心に成立した国だ。

 

先ほどと同じように

だけで片付けてしまうのはもったいないですし

そういえばあるスーパーで買い物をした時に、レジの若い女性達が話しているのを耳にはさみました。一人は、親がどこかからの移民系だけど、本人はケベック育ち、みたいな女性。彼女が、白人系の女性に聞きます。もう2度とモントリオールには戻ってこないの?、、絶対戻ってこないわ。どうして?、、ここの人のメンタリティ-が嫌いだから。おお、そうか。やはりカナダ人でも分かるんだ。質問した女性は、何も言わずに聞いていました。

彼の父親がイラン人で母親がこれがこてこてのケベッコワだったら、聞かれた方もこういう答え方はしないし、質問した本人も大声で怒鳴り返すと思います。が、質問した女性の親も、多分、ここ、変だ~。なんて、家で言っているのかもしれません。別に言い返していませんでした。このレジのお姉さんのような方はたくさんいるようです。職業安定所のような所のスタッフと面接があった時に、彼女もぼやいていました。
海外就職するために
海外就職するために

地域的に見ると

木曜日はなんとか…というふうに日本のツングとは異な隊列に車が割り込むこともほとんどないため、3台くらいであれば千切れる心配もない私にとっては先日越えたばかりのロッキーに再び戻る道程となるが、上、その景色は以前と全く違うものになるだろう。それでもこうして心強い仲間が2人も加わった以私たちは何もない平原をひたすら西に向かって走り続け、その日のうちにロッキーに入る。ロッキーのようななだらかなワインディングはノッチの大好物だったため、3台のバイクは予想以上に速いペースで距離を稼ぐ。カナダの国道は言わば天然のサファリパークのようなもので、普通に走っているだけで様々な動物を観ることができる。それこそ先日私が見た熊などは、その気になればいつでもご対面できるらしい。

いろいろとすごく独特です

もっとも生身をさらしているライダーとしては、、その気、になるつもりはさらさらなかったのだが。エルク、ビーバーといった、自分たちの国では動物園にでも行かない限り観れないよこの日も私たちはバッファロー、うな獣たちに出会った。ちなみにこのエルクというのはアメリカアカシカのことで、このトナカイの角を少し大人しくしたような鹿を北米ではムースと呼ぶそうだ。エルクというのはヨーロッパでの呼び方らしいが、何せ今回この動物を初めて発見したのがドイツ人のノッチだったため、以後私たちの中での呼称はエルクで統一されることとなった。この日のリーダーがノッチだったこともあり、ひとりの時にはあれほど苦労した野営地探しもスムーズに完了した。求められるものが人によってかなり大きく異なります