Press "Enter" to skip to content

そしてプロポーズのこの昇進計画はまだやや柔らかいです

このニュースを受け取った後

言うまでもなく、彼女を知っているこの人はまだ非常に冷酷です。その場合、ある程度の進歩を遂げることは不可能であり、それは大きな進歩を遂げることができます!もしそれが以前であれば、女がそのような要求をする必要はないでしょうが、今は同じではありません!男の前には、女はすでにギャップをなくしていました、そして女は彼の本当の自己を見せることができました。
「はい、それでは、それは何が良いのですか?」

勿論、男は敵がスタッフに相談する手助けをしても構わないと思っていますが、現時点で女が彼を見つけられなかったとしても、彼は女が今忙しいものを知っています。結局のところ、女がより速く進歩できることを最も望んでいる人は、彼が自分自身を賞賛しているのではないと言うことさえできますが、この不安な自分自身!あなたが女の前であなた自身のためにより多くの利益を得ることができるならば、男は自然にこの素晴らしい機会を逃すでしょう!しかし、決定は決定の問題です。

メリット?
男が言った2つの恩恵を聞いたとき、女はそれを考えずにはいられなかったのです。そして、彼女はあまり考えすぎる必要もありません、彼女はまた彼が現在の男に本当に望む利益が何かを知ることができます!このように考えると、女の顔は助けにはならないがもっと赤くなることができる。
「ええ、あなたは私をそんなに長く忙しくさせることはできません、そして、あなたは何も得ません!」

「ねえ、あなたは非常に正しいように思えます。十分ではない、私はあなたに何の利益もないようです。それがそうなら、それを忘れてください!結局のところ、あなたに役立つ利益はありません。」

彼女はそれが原因でそれを失いたくはありません。

女が今それを聞いたとき、彼女はまだ男の言葉の本当の意味を聞くことができないでしょうか?彼女は本当に利点に興味がなく、男に捧げることを望んでいませんが、男は一緒に遊びたいと思います。こんにちは!より現実的に見えるようにするためでさえも、女の顔はほんの少しぎくしゃくしていました、そして、彼が話し終えた後、男の手によって保持されたプレートを取った後、彼は二階に上がって戻って行く準備をしました。部屋はまるでそれが機能しているかのように機能しています。


「Y。男は女の2階の裏側を見たが、彼の目には驚きのヒントがあった。あなたが彼をからかったり賞賛したりしていたとき、女は赤面以外に何もできないだろう。反応した、しかし今、彼女は実際にそのような反応を起こすことができる!」
この仕掛けは、もう少し我慢強くなれないでしょう!私は本当にあなたを助けないのは難しいです!男は首を横に振ってため息をついた。それから彼は女の足跡をたどり、2階に歩いた。

 

婚姻によって召喚されたばかりの立ち去りは

女は、研究でコンピュータを開く直前に会社で大まかな計画を書いていましたが、男の足跡を聞いたのはそれほど前ではありませんでした。入って、彼女の男を見てください。女の顔は男を見るとすぐに犬の足にほんの少しの微笑みがあることを明らかにし、彼はタイムリーにコンピュータの前の席を男にも渡しました。男が彼女に一歩を踏み出したので、なぜ女を受け入れないでください!さらに、男の指導により、彼女がここにいるのと比べてはるかに便利です。そんないい黄金の指、白を使う必要はありません!


彼女をいつも守ってください
「さて、これはほぼ同じはずです、どうやって、不満に満ちていますか?」
男が保存ボタンを押した後、彼は女を見て女の答えを待っているようでした。

「うわー、それは本当にすごいことですね。変更はそれほど大きくないようですが、私の前の計画ではないように感じますが、あなたのように変わりました。」
女は男を驚いて見て、たとえ彼がそれを言ったとしても、彼が男を越えてコンピュータの前に座って、そして男の変更後の計画を見たと言った。
男の変化の過程において、彼女はいつもそれの隣に座っていました、しかし、それをもう一度読んだ後に、女の心はまだ非常に興奮しています!興奮できますか?男は単に手のペアです!女がこの計画を見たとき、彼女は計画を直接引き渡した場合、他の何人かの人々がそれを一致させることができないだろうとさえ感じました!しかし、彼女は今ではただのインターンになっています。当時私が見た人々はそれを信じていなかったのかもしれません。しかし、元々のアイデアは彼女ですが、それは男の手の修正によるものではありませんが、それほど良くはありません!
「この場合、私に与えられた報酬を尊重することは可能ですか?」

花嫁のグループの名前を変えたいのなら

女の顔の崇拝を見て、男は彼の心に非常に役立ちますが、彼はそのような良い機会を手放すことはありません!彼はまだこれの前に、女が彼に利益を与えると約束していたことを覚えています!ばかにならないでください。婚約者の女は突然男を赤面的に見て、そしてまた彼女が前に言ったことを思い出しました。
「それで、あなたはどんな報酬を望みますか?」
それはあなたが私に報酬を与える方法に依存します!しかし女、私が最も欲しい報酬は何ですか、私はあなたが知っておくべきだと思います!女が男の言葉を聞いたとき彼は彼を見上げたとき、彼は男の優しい目に直接ぶつかり、男の現在の視線を見ることなく、男がもっと望んでいることを知ることができます。!

花嫁のも非常に神経質です!

しかし、昨夜の2つの間で最も親密な事実がありましたが、私がそのようなことを考えるとき、女の心はまだ少し恥ずかしがり屋です!私は男の外観と無邪気な外観を見ました、そして、女はもともと何かを言いたかった、そして何も言いませんでした。男が見て、彼はこれに励まされました、そして、女の心は揺れ始めました。

はキスではありません、彼らは昨日すでにたくさんのキスをしました!このように考えて、女は男の目を見ました、そしてまた少し強くて、そしてゆっくり女に近づきました。
グー・ユッチェンは徐々に彼に近づいていく感心を見て、彼の心は期待に満ちていました彼が一歩一歩一歩を見ていても、彼は女の足跡を聞いても、早くなって!男に行くことはさらに少し心配している、彼の心はジャンプし、このように飛び出すでしょう!しかし、女が目の前に立ってゆっくりしゃがんだのを見たとき、女の暖かい唇が私の唇の上にあるように感じました。閃光の中で、殴打は完全に止められ、そして心臓は気絶した。この瞬間の後、男の心拍は以前より速くなりました、それで男は彼の血が逆流していると感じ、そして全体が直接脳に当たった!女が男の唇にキスをするまで、彼は去る準備ができていた、そして男の意識は戻った!

彼女はそれが原因でそれを失いたくはありません。


彼と女の関係が最も近いレベルまで発展したことは明らかですが、女に直面して、女が主導権を握ったとき、男はまだ一瞬のうちにまだ少年になっているようです。我慢できない!女が徐々に去っていくのを感じて、すでに意識に戻った男はどうやって女をこのように去らせることができる!女が体を離れた直後に、男は女の腰を直接取って女を腕の中に引き戻しました。
羨望は、彼女が男にキスをする勇気を持っていたとき、男は唖然としていたようであり、男の唇を出た後、男は反応しなかったように見えました。。しかし、それが彼女の心の中でどのようなものであるかを理解しようとした時ではなく、男によって彼女の腕に連れ戻され、彼女の唇は再び密封されました。女がキスを踏んで男にキスしたときは、少し水が入っていましたが、軽く印刷されていましたが、男が女をキスしたときはまったく同じではありませんでした。ほんの数分で、女は一人の呼吸全体が男に奪われたようだと感じ、呼吸が少し困難になりました。私は私が吸うことができる新鮮な空気を欲張って吸い始めた、そして私は男とのキスにもっと関わった。